採用情報

2019-11-06
カテゴリトップ>カーオーディオ>パワーアンプ
PHASS RE4.25
ファス 25W×4ch パワーアンプ
RCA入力
PHASS RE4.25
ファス ハイエンド 25W×4chパワーアンプ
RCAインプット

Output power : 25W x 4 (RMS, 1KHz, 8ohm) / 100W x 2 (bridge connection) / Music power : 50W x 4 / Input sensitivity : 1.6V /Input impedance : 10K / Consumption current : idling - 2mA, non-music signal - 1A / Size (mm) : 250(W) x 56(H) x 32(D)

RE2発売以来、脈々と続いている、蓄積された音質追求のノウハウがこのRE 4.25にも投入されています。音質に影響する部分への高音質を発揮できる厳選部品の採用、それらが真価を発揮できる適切なPCBとその適切レイアウトなど、凝った工夫が数多く達成されているのです。それらリファインメント群は活字にして列挙するまでもなく、現実的にこのアンプを試聴していただくことによってのみ、理解されるでしょう。
音楽を聴くのに必要十二分なパワー、高密度で滑らかな音質、温度感のある有機的な音調、最高峰のSEPP4チャンネルアンプです。

ユニークなスタンダードプッシュプル回路を基本理念に展開するREアンプとはまったく異なる回路構成を採用するアンプです。現在オーディオフィールドにおいてRE2, RE50アンプなどを除くほとんどのアンプが採用するシングルエンドプッシュプル回路を再度見直しと同時に、完全ノンNFBを達成し更なる高音質の実現とより低価格のREアンプを目標に開発プロジェクトは達成されました。
一定の電流で、電圧を変化させながらスピーカーを駆動できるスタンダードプッシュプルのアンプに比べ一定の電圧で、電流を変化させながらスピーカーを駆動する一般的なシングルエンドプッシュプル回路は、スピーカーは固定抵抗ではなく、インピーダンスであるという事実がある限りスピーカー駆動に圧倒的に不利であることは否めません。しかし、シングルエンドプッシュプルの限界にどこまで近づけるか、また上級RE機に限りなく近い音をコスト制限の中でも実現したいという強い要求から生み出されたアンプ、それがRE 4.25 & RE 2.65です。
現在、オーディオフィールドに蔓延しているアンプはほとんど全てシングルエンドプッシュプルアンプです。それは、数値性能を容易に達成しやすく、部品のクオリティーが音に与える影響を少なくできる全くありがたい回路方式のため、安価で小型の部品を多量に使えるという製造上のメリットがあります。その結果多くのアンプがSEPPであるのです。その反面、厄介なことに音を良くする事が難しい回路でもあるのです。そこでRE 2.65 & RE 4.25は、音を良くするための方策として、全てのサブスタンスの高品質追求、こだわりの組み立て手法など、製造ラインによる大量生産を嫌った一品一品熟達の手作りを守っています。
RE2発売以来、脈々と続いている、蓄積された音質追求のノウハウがこのRE 2.65 & RE 4.25にも投入されています。音質に影響する部分への高音質を発揮できる厳選部品の採用、それらが真価を発揮できる適切なPCBとその適切レイアウトなど、凝った工夫が数多く達成されているのです。それらリファインメント群は活字にして列挙するまでもなく、現実的にこのアンプを試聴していただくことによってのみ、理解されるでしょう。
音楽を聴くのに必要十分なパワー、高密度で滑らかな音質、温度感のある有機的な音調、これ以上SEPPアンプに求めるものはないはずです。


商品ページでは、できるだけ最新で正確な製品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合(音質追求)により、製品の改良のために仕様や外観などが予告なく変更される場合がございます。予めご理解ご了承くださいますようお願いいたします。

心を震わす大人のサウンドを楽しむ
マニアなあなたへ・・・



世の中には様々なスピーカーが存在しています。
スピードの早いスピーカー
解像感の高いスピーカー
迫力あるサウンドを楽しめるスピーカー

それぞれの個性があり、それぞれの味があります。


では、PHASS(ファス)のスピーカーの持ち味といえば、
人声を有機的に表現できるところです。

歌声は生身の人間が発する声です。それをオーディオ機器を通してスピーカーから再生する時に、やはり無機質的な音となってしまう機材も少なくありません。

マニアなメーカーであるPHASSは、広帯域の周波数特性を維持しつつ音楽情報の高密度でリアルなサウンドを表現。
より自然に、感動を喚起させるユニットとなっております。

PHASSのこだわり

PHASのスピーカーラインナップを見られてお気づきになる事があるのでは無いでしょうか?それは・・・

フルレンジスピーカーが存在している点です。

現在、カーオーディオスピーカーの多くは2WAYセパレートスピーカーが主体となております。
コアキシャルスピーカーはフルレンジスピーカーかと思われるかもしれませんが、同軸上にトゥイーターとミッドウーハーが存在するれっきとした2WAYなのです。

出来の良いフルレンジは
マルチウェイを超える!?

本物の実力を備えたファスフルレンジは、低域から超高域までフラットな周波数特性を発揮、能率や音質劣化をもたらすネットワークを通過することなく全帯域にわたって完全調和の同一音質で音楽情報伝達を実現します。

さらに、点音源から発せられる全帯域の音情報は容易に理想的な音場、音空間を、取り付け場所を選ぶことなく形成することができます。音楽ソースの持つ情報を純粋にストレートに表現できるフルレンジは、ヒューマンビーイングが聴くに最も相応しい、感動喚起能力を持ったスピーカーユニットです。


PHASSフルレンジスピーカーの魅力をご理解いただけたのではないかと思いますが、やはり、車両の中で音楽を再生するにはマルチウェイの方が良いとお考えの方もいらっしゃると思います。
勿論、これもまた味のある音を再生するトゥイーターミッドウーファーのラインナップが豊富にありますので、その様なご希望にもしっかりと対応できる所がPHASSの良さでもあります。

周波数特性(フルレンジ + トゥイーター 2 ウェイ構成)
システム構成トゥイーター:NT 25ex /25 mm
ファブリックネオディムウーファー:FD 0590ex/5 inches アルニコフルレンジ
パッシブクロスオーバー:CL 202K , CL 202compact, (PX 202W)

上記グラフでもお分かりの通り、2WAYでの周波数特性も非常に綺麗に再生されています。
5インチのウーファーを使用していても、40Hz付近まで低域もしっかり出ています。
ここでご紹介しておきたいのがPHASSのアンプです。

PHASSのアンプは一度聞くと虜になってしまうほど魅力のあるアンプです。
まず驚かされるのは、厚みのある低域。なぜそこまで表現できるのかと思わず首を傾げてしまうほど。しかもそれが心地よく、体に伝わってくる感覚。そう、音楽を耳で聞くのではなく体で感じる事のできるアンプです。メーカーの表現にある《温度感のある有機的な音調》これは納得です。
デジタルサウンドの良さも分かるが、やはりアナログの心温まるサウンドには魅了されると言うあなたにお勧めのブランドです。


あなたの車にマニア心を揺さぶるPHASSをコントライブする事で、カーライフがさらに充実するに違いありません。

 
価格
222,223円 (税込240,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
入荷次第発送予定です(納期別途ご連絡)
※注文個数によりお届け日が変わることがあります。

個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

page top